よくあるご質問

よくあるご質問(FAQ)

英文校正/校閲サービスについて

守秘義務について

お客様からの個人情報及び原稿にかかわるスタッフおよび校正者は、守秘義務に関する契約書にサインをしております。個人情報および原稿に関する情報等お客様からの情報はすべて、第三者に漏れることの無い様、厳重に管理しています。詳しくは、セキュリティーについてをご参照下さい。

機械翻訳による原稿依頼について

機械翻訳で作成された英語論文の英文校正/校閲のご依頼は、お引受け致しかねますので、ご了承ください。

取扱い分野について

英文校正/校閲の分野は、生物学、医学、薬学、歯学、化学、物理学、農学、経済学、海洋学、地震学、天文学、経営学、数学、電気電子、機械工学、ファイナンス、経営学、ビジネス、環境学、心理学、言語学、社会学、等の幅広い分野にわたっています。詳しくは、対応専門分野を参照下さい。

修正原稿や査読者への手紙について

査読後の修正原稿やレビュアーへの手紙等も、お取り扱いしております。原稿受理への可能性がより高まる様、また、質の高い英文になる様に校正/校閲致します。

英文校正証明書の発行について

投稿予定ジャーナルから「英文校正証明書」の提出を求められる場合が有りますが、その旨、担当スタッフへご連絡いただければ、無料で発行いたします。詳しくは 英文校正証明書の発行についてのページをご覧下さい。

英文校正/校閲者について

ネイティブの研究者やメディカルドクターの研究論文も校正しているクオリティーの高いエディター(米国人/英国人)が、英文校正/英文校閲を担当します。高い教育(Ph.D.等)と経験(アメリカの科学ジャーナルの元スタッフ等)を積んだ弊社のエディターは、10年以上に亘って日本人研究者の論文の英文校正/校閲をしてきておりますので、日本人特有の英語の問題点にも的確に対応いたします。

校正不要な部分について

英文校正/校閲のお申込みの際に、英文原稿に校正不要な部分があれば予めお知らせ下さい。

部分校正について

英文校正原稿のご指定部分のみの校正も可能です。ご依頼の際、その旨お知らせください。英文校正/校閲ご希望の箇所を、「蛍光ペン」「色づけ」または「下線」等で分かりやすく明記して頂き、原稿を送付ください。料金は、その部分のみをワード換算し、ページ数を算出いたします。

原稿の送付方法について

アメリカオフィスまで直接英文校正原稿を、Wordファイルを添付にてまでお送りください。図表をWordファイルと別途お送りいただく場合は、Wordファイル以外ではPDF、エクセル、パワーポイントなどのファイルでお送りください。原稿の本文は、セクション毎(アブストラクト、イントロダクション等)に分けてファイルせず、出来るだけ1つのファイルでお送り下さい。

英文校正/校閲の最低発注単位について

ご依頼の最少単位は、3ページよりとさせて頂いています。

至急の依頼の対応について

お急ぎの際は、英文校正/校閲ご依頼時にその旨、ご連絡ください。ご希望納期にお返しするよう可能な限りスケジュールの調整をさせていただきます。その際の料金は、通常料金のままで、割増料金・エクスプレス料金等は頂いていません。

英文校正/校閲の密度と料金について

精読・精査校正/校閲がKNのスタンダードです。お客様の原稿の状態により、校正の必要性(密度)がそれぞれ異なりますが、それにより、別料金や割増料金を頂くことはありません。単純明快な一律料金にて英文校正を行わせていただいています。1ページ¥1,700(税抜)です。(割増・追加料金なし。別途消費税がかかります。)

料金の算出方法について

英文校正/校閲料金は、1ページ(200ワード換算) ¥1,700(税抜)です。例えば、4000ワードの原稿でしたら、20ページで¥34,000(税抜)になります。最終ページは、0.5ページ未満は切り捨て、0.5ページ以上は切り上げになり、1ページとして換算します。

英文校正/校閲の方法について

校正はマイクロソフトのワードの変更履歴機能を使って行います。尚、図表をWordファイルと別途お送りいただく場合は、エクセル、パワーポイント、PDF等のファイルでお送り頂いても結構です。

お支払いについて

領収証の発行について

ご依頼があれば、発行させていただきます。日本人スタッフに、ご連絡ください。(ご依頼の無い場合は、金融機関で発行される指定口座へのお振込み記録で代えさせて頂きます。)

お振込み手数料について

恐れ入りますが、お振込手数料はお客様でご負担頂くようお願いいたしております。

請求書発送について

英文校正原稿を納品後、請求書ご希望のお客様へ請求書類を発行させていただいております。お手元に届くまで通常1週間程かかるかと思いますが、時期を過ぎても請求書類は届かない場合、弊社スタッフへご連絡いただければ幸いです。ご連絡先は、 または FAX 03-4496-4307 へお願いいたします。

指定書式での請求書発行について

ご指定の書式(様式)での提出が必要な場合、弊社で既に書式フォームを保管しているかご確認下さい。弊社に書式が無い場合は、 または、FAX:03-4496-4307まで、ご指定のブランク書式をお送り下さい。

業者登録について

全国各国立大学法人・公立大学法人・私立大学・国立の研究所等で業者登録しています。詳しくは、お問い合わせください。

私費でのお支払いについて

私費/自費でのお支払いをご希望の場合、方法は、1.「個人名での請求書類を発送」するか、校正終了後に、2.「金額と弊社銀行口座をメールでご通知」のいずれかになります。クレジットカード(Paypal)決済も可能です。私費(自費)でのお支払いをご参照下さい。

公費払いの取扱いについて

公費でのお支払い用に、請求書類(社印、代表社印捺印)を発行いたします。書類は「見積書」「納品書」「請求書」の他、ご希望により「完了報告書」「価格証明書」等を発行致します。詳しくは、公費(研究費等)でのお支払いをご覧頂くか、弊社スタッフにご相談下さい。

お支払い方法について

私費(自費)・公費(研究費等)どちらでもお支払いただけます。 お支払いは、英文校正/校閲終了後になります。詳しくは、私費(自費)でのお支払い、または、公費(研究費等)でのお支払いをご参照下さい。

トップへ戻る